政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体

ペテン師・三反園訓を知事にした「政策合意文書」の重み2019:12:06:08:45:00

2019年12月 6日 08:45

県民党--5.jpg 今月3日、三反園訓鹿児島県知事が、自民党県議団の代表質問に答える形で再選出馬を表明した。2016年の知事選で、伊藤祐一郎前知事を破って初当選を果たしてから約3年半。原発立地自治体に「反原発」の姿勢を打ち出した首長が登場したことで注目を浴びた三反園氏が、今度は原発推進の自民、公明に推薦願を提出するのだという。
 「変節漢」「ペテン師」「詐欺師」――。前回知事選で寝食を忘れて三反園支援に走り回った人達からは、厳しい批判の声が上がる状況となっている。
 改めて注目されるのは、三反園県政の出発点となった「政策合意文書」の存在である。

調査報道記事一覧

福岡県議会原中副議長 後援会の政治資金収支報告書を大幅修正2019:12:05:08:25:00
それでも消えない「虚偽記載」の疑い
2019年12月 5日 08:25

 労働組合「自治労福岡県本部」からの献金を政治資金パーティーの収入に偽装した疑いが持たれている福岡県議会の原中誠志副議長が、虚偽記載が明らかとなった資金管理団体「原中誠志後援会」の政治資金収支報告書を、大幅に修正していたことが分かった。  修正された報告書は平成27年から30年ま...
“身を切る改革”とは程遠い日本維新の会所属議員の政治資金処理
2019年12月 4日 08:50
 2018年の政治資金収支報告書が公表された。「安倍一強」の政治体制が続く中、自民党の年間収入は約263億円でダントツの一位。同党への企業・...
観客動員1万人 地域おこし映画大惨敗で問われる南大隅町長の責任
2019年12月 3日 08:15
 鹿児島県南大隅町が地域再生策の一環として約1億円の制作費を負担した映画『きばいやんせ!私』の興行成績が、計画を大幅に下回る大惨敗に終わって...
安倍政治と「規範意識」
2019年12月 2日 09:15
 40年近くも前の話になるが秦野章という政治家が「(政治家に)正直や清潔などという徳目を求めるのは、八百屋で魚をくれと言うのに等しい」と発言...

政治
行政
社会
論
ワンショット
 永田町にある議員会館の地下売店には、歴代首相の似顔絵が入...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲