政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体

日大と安倍政権の共通性2018:05:24:08:50:00
― 責任を取らない大人たち ―

2018年5月24日 08:50

0524_utida_abe いやはや、泥縄式とはこのことだろう。日本大学アメリカンフットボール部の内田正人監督(日大理事)と井上奨コーチが23日午後8時ごろから、千代田区の日大本部で会見を行った。悪質タックル問題の「加害」当事者である学生(20)が前日に会見を開いたことを受けて、日大側が「回答」を出した形。学生の会見がなければ内田監督らの会見はなかったはずで、なんともお粗末な「危機管理」能力だ(日大は2016年に、危機管理学部を新設しているが……)。
 ほぼ同じ泥縄事件が、政治の舞台で起きていることに、大多数の国民は気付いているだろう。学校法人「森友学園」と「加計学園」の疑惑を巡る、首相及び政府・与党の対応だ。信じるに足る証言や証拠が次々に提示される度、言い訳と強弁を繰り返す首相……。汚れた権力を守ろうとして、また歪む権力者たちの姿を、国民はどう見ているのか。

調査報道記事一覧

“嘘つき安倍政権”を倒せぬ野党の現状2018:05:23:09:15:00
2018年5月23日 09:15

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、安倍晋三首相が、加計孝太郎理事長と2015年2月25日に面会したとする愛媛県職員作成の新文書が見つかった。加計の獣医学部新設を知ったのは「昨年1月」としてきた安倍晋三首相のこれまでの主張を真っ向から否定する内容だが、首相は「会った事実は...
セクハラ容認 麻生と政府の危険な主張
2018年5月22日 08:35
 麻生太郎財務相は今月8日、閣議後の会見で「セクハラ罪という罪はない」とのマニラでの発言が批判を受けていることについて受け止め方を問われ、改...
日大反則タックル問題 監督辞任で済まない理由
2018年5月21日 08:30
 来年、創立130年を迎える伝統ある大学の誇りが、たった一人の指導者の暴走に汚された。  日本大学アメリカンフットボール部(通称:フェニック...
参考事例の映画は大惨敗 鹿児島・南大隅町の『きばいやんせ!私』に重大疑義
2018年5月18日 09:15
 鹿児島県南大隅町が地域再生事業の一環として進める映画『きばいやんせ!私』の制作を巡り、役場側が「ない」と明言していた施策の決定過程に関連す...

政治
行政
社会
論
トピックス
2018年3月23日 09:43
 原発再稼働の朝を迎えた佐賀県玄海町。原発のゲート前では、朝8時半から再稼働反対を訴える集会が開かれている。  今月19...
ワンショット
 永田町にある議員会館の地下売店には、歴代首相の似顔絵が入...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲