政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体

飲食代に1200万円超の政治資金 問われる自民党参院議員の倫理観2016:06:01:09:10:00

2016年6月 1日 09:10

収支報告書 公共事業の実施主体に口利きし、見返りに現金をもらいながら不起訴。甘利明前経済再生相を巡る現金授受問題の結末に、「またか」と思っている国民は決して少なくはないだろう。政治とカネの問題で注目された小渕優子元経産相や松島みどり元法相も、同じく不起訴。あっせん利得処罰法や政治資金規正法が“ザル”と言われる所以である。
 舛添要一東京都知事の公私混同ぶりに批判が高まっているが、問われるべきは政治家個々の倫理観。法的にセーフであっても、一般常識から外れたカネの使い方をする人間に、国や自治体を動かす資格などあるまい。
 改めて身近な政治家のカネの使い道を調べてみたところ、当選1回の若手国会議員でも、驚くほどの飲食費を支出していることが分かった。

調査報道記事一覧

福岡市給食センター 落選の土地は選定地の半額以下2016:05:31:09:45:00
疑惑の土地選定(4)
2016年5月31日 09:45

 疑惑の土地選定を巡り、新たな事実が判明した。福岡市教育委員会が進める第3給食センター(仮称)整備事業。用地選定は「公募」の形式をとっていたが、じつはその1年前から給食センター整備地を建設業者「アスミオ」の所有地に絞り込んでいた疑いが濃い。  公募に応じたのは2者。このうち、選定...
自民党改憲案と「統帥権」の時代
2016年5月30日 08:10
 主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に出席するため来日した米国のオバマ大統領が、被爆地ヒロシマを訪問した。歴史的な出来事とはいえ、原爆ドーム...
福岡市第3給食センター 用地公募の怪しい実態
疑惑の土地選定(3)
2016年5月27日 09:05
 福岡市教育委員会が進める第3給食センター(仮称)整備事業の土地選定を巡り噴き出した疑惑。「公募」という形で公平・公正を装っていたが、じつは...
聞いて呆れる「県民党」 伊藤鹿児島県知事のお粗末会見
2016年5月26日 08:50
 想像力が欠如した為政者には、住民の安心・安全は守れない――伊藤祐一郎鹿児島県知事(写真)の会見での発言を聞くたび、そう感じる人は少なくない...

政治
行政
社会
論
ワンショット
 ガラスの向こうに積み上げられた洋書。オシャレな入り口の奥...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲