政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

やっぱりペテン師! 注目の県議会質疑でみえた三反園鹿児島県知事の実相 

2019年10月 1日 08:10

047e10dfa49129965d6a242de99adcd4146268ad-thumb-220xauto-25187.jpg いつも以上の緊張感に包まれた議場で、鹿児島県知事・三反園訓がペテン師ぶりを発揮した。先月19日の鹿児島県議会で、注目を集めていた三反園知事と知事の「大恩人」(元・三反園後援会幹部)による質疑が行われた。
 質問に立ったのは共産党の平良行雄議員。2016年の鹿児島県知事選挙の際、反原発派の代表として知事を目指すことを表明しながら、三反園氏との間で原発に関する「政策合意」を結び出馬を断念した人物だ。
 三反園県政誕生の功労者とされるその平良氏が、知事と直接対話したのは3年ぶり。政策合意を事実上反故にされ、面会も拒まれてきた悔しさを議場でぶつけたが、知事は“質問に答えない”という卑劣な手法で、答えをはぐらかした。

■子供でも分かる「答弁拒否」
 政策合意の当事者から質問者の立場になった平良県議が冒頭で語ったのは、政策合意までの大まかな経緯。候補者一本化が実現した2日間の流れを、次のように説明した。

・2016年6月に、三反園氏側の代理人を通じて県知事選の候補者一本化に向けて協議したいとの申し出があり、これに応じた。
・鹿児島市内のホテルで、三反園氏の方から政策合意の案が提示され、意見を出し合った。
・三反園氏は、「約束を守りますから、信じて下さい」と何度も言った。
・「原子力問題検討委員会(現・鹿児島県原子力安全・避難計画防災専門委員会)」設置の意味について三反園氏は、「廃炉にするため(に設置する)」と言った。
・それぞれが政策合意の案を持ち帰り、検討することになった。
・三反園氏は、委員会に原発反対派も賛成派も入れると約束したし、翌日に行った候補者一本化の記者会見でも同じことを述べた。

 前提となる事実を述べた平良氏が知事にぶつけたのは、非常にシンプルな質問だった。

やりとり1-1.jpg
 これに対する三反園氏の答弁は、こうだ。

答弁1.jpg 知事は、反故にした政策合意についての“言い訳”を述べただけで、3年間平良氏との面会に応じなかった理由については一切述べていない。

 聞かれたことに答えず話をすり替えるのは、追い詰められた詐欺師やペテン師が逃げる時の常套手段。この後、知事は平良氏との面会に応じなかった理由をはぐらかし続けた。
やりとり2-1.jpgやりと1-2.jpg

やりとり3-1.jpgやりとり2-2.jpg

やりとり4-1.jpgやりとり3-3.jpg

■利権屋議長が奪った質問権と「県民の知る権利」
 三反園氏が「3年間会わなかった理由」について答えていないのは明らか。「答弁漏れ」というより意図的な答弁拒否だ。平良氏はこの後、再度この点についての答弁を求めたが、「会わなかった理由」に関する質疑にストップをかけたのは、自民党の外薗勝蔵県議会議長だった。

 外薗氏はかつて、公共事業絡みの「政治とカネ」の問題で物議を醸した議員(⇒「薩摩川内選出県議に公選法違反の疑い」)。議長に就任した利権政治家は、地元テレビ局の土地を50億円で購入して体育館を建設しようという知事側の計画を後押しする動きを見せているという。

 「知事と蜜月」(県議会関係者)だとされる外薗議長は、子供が聞いても分かる知事の答弁拒否を「答弁している」と強弁し、議事を進行させていた。汚れた知事と議長が、県会議員の質問権と県民の知る権利を奪った格好だ。

 不当に質問権を奪われた平良氏はこのあと、政策合意について知事の考えを質したが、県民が納得する答弁は最後まで聞けなかった。そもそも、知事がこの日の質疑で話した内容も、嘘八百を並べ立てたもの。次の稿で、ペテン師の嘘を詳しく検証していく。

 



【関連記事】
ワンショット
 永田町にある議員会館の地下売店には、歴代首相の似顔絵が入...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲