政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

闇報酬疑惑 だんまり決め込む自民党代議士
― 族議員(3) ―

2013年10月24日 06:10

体系図2.bmp 自民党・宮内秀樹代議士に対する建設業者からの報酬は、形を変えた政治資金提供だった可能性が高い。はじめは宮内氏が仕えた渡辺具能元国交副大臣に対するもの、そして渡辺氏の引退後は、宮内氏本人に対して行われている。政治資金規正法上の問題もあるが、公共工事の見返りに業者側から政治家にカネが還流する構図は、旧態依然の自民党政治そのものだ。
 宮内代議士に報酬を支払っていた建設業者とは、神奈川県川崎市に本社を置く「三輝機工」。闇報酬の実態について語った関係者の話を確認するため、同社および宮内代議士への取材を行った。
(参照記事⇒「羽田・D滑走路と新人代議士の闇報酬」)

羽田D滑走路で下請受注
 関係者の話は確かだった。三輝機工は、新日鉄エンジニアリングの一次下請として、羽田D滑走路の工事を受注していた。下は、同工事でも重要な部分だったといわれる「ジャケット製作工事」の施工体系図の一部である(赤い矢印はHUNTER編集部)。三輝機工は下請とはいえ、総事業費約7,000億円の大型公共事業、かなりの利益を得たと見られる。

体系図.bmp

業者側、宮内氏の在籍認める
 HUNTERは今年7月、同社に対し、文書で次の質問を行った。

  1. 宮内秀樹氏が、社員又は顧問として報酬を得ていたことに間違いはないか?
  2. 宮内氏が報酬を得ていた期間は、平成21年9月から平成24年年9月までで間違いないか?
  3. 宮内氏は報酬を受けていた期間、社会保険に加入していたということで間違いないか?
  4. 宮内氏の入社を依頼したのは、渡辺具能元衆院議員だったと思われるが、間違いないか?
  5. 宮内氏の在籍期間、宮内氏は渡辺氏の秘書としての業務しか行っておらず、勤務実態がなかったと思われる。こうしたことから考え、事実上の闇献金ではないかと思われるが、どのような認識を持っているか?
  6. 宮内氏が渡辺氏の秘書を辞め、自民党の支部長に就任してからも宮内氏の雇用関係は続いていた。これも形を変えた企業献金ではないか?

 何の回答もなかったため、8月に再質問。その後、確認の連絡をしたところ、同社の代表を名乗る男性が応対した。結論は取材拒否。法律の専門家や、メディア関係者と相談した結果、「今回の取材に応える必要がない」ということに決ったのだという。ただ、宮内氏が顧問として在籍していたことだけは、「それは確かに在籍していた。顧問として」として、認めている。

宮内氏側は取材拒否
 一方、宮内代議士に対しては9月、議員会館の部屋を訪ね、秘書に次のような質問書を渡している。

  1. 平成21年9月頃から平成24年年9月頃まで、川崎市の三輝機工株式会社から報酬を得ていたことを、同社側から確認した。間違いないか?
  2. 同社から報酬を受けていた期間、同社の社会保険に加入していた、ということで間違いないか?
  3. 同社に宮内代議士の入社を依頼したのは、渡辺具能元衆院議員。羽田のD滑走路にからむ話からだったということで間違いないか?
  4. 三輝機工在籍期間のうち、最初の数年間は渡辺氏の秘書としての業務しか行っておらず、勤務実態がなかったと思われる。こうしたことから考え、事実上の闇献金ではないかと思われるが、どのような認識を持っているか?
  5. 渡辺氏の秘書を辞め、自民党の支部長に就任してからも同社との雇用関係が続いてた。これも形を変えた企業献金ではないか?
  6. 広島に本社を置く五洋建設の子会社・洋伸建設株式会社からも報酬を得ていことに間違いないか?

 宮内代議士サイドからの連絡は、現在まで一切なし。こちらも事実上の取材拒否ということだ。しかし、渡辺元代議士の関係者は、宮内氏には建設会社の仕事をこなす時間などなかったとして、こう証言する。「勤務実態があるはずがない。宮内は、平成21年の総選挙以来、渡辺先生の秘書として活動していた。それから先はほとんど自分の政治活動だ。建設会社の仕事をこなす余裕などなかったはずだ。顧問だったというが、宮内が建設会社の役に立つとすれば、役所や業者への口利きだけ。いくらもらっていたのか知らないが、利権がらみの闇報酬であることは間違いないだろう」。

社会保険
 じつは、三輝機工及び宮内代議士への質問にあった「社会保険」については、重大な問題が存在する。この点については、次週の稿で詳細を報じていく。

つづく



【関連記事】
ワンショット
 ガラスの向こうに積み上げられた洋書。オシャレな入り口の奥...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲