政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

福岡県議会副議長 自治労からの献金をパーティー収入に偽装か?
別に収入不記載も判明 - 政治資金規正法違反の疑い

2019年11月14日 07:55

DSCN1186.JPG 今月9日に国民民主党の福岡県連幹事長に就任した原中誠志福岡県議会副議長の資金管理団体が、自治労福岡県本部から受けた献金を「政治資金パーティー」の収入と偽り、県選挙管理委員会に虚偽の政治資金収支報告を提出していた疑いが浮上した。
 パーティー開催場所はいずれも福岡自治労会館の中。自治労が収入総額とまったく同じ額の対価を支払ったことになっている上、会場費などの開催経費が計上されておらず、政治資金パーティーとしての体裁は整っていない。
 他にも複数の収入不記載が見つかっており、政治資金規正法違反が強く疑われる状況だ。(写真は原中氏の事務所)

■禁じられた「団体献金」をパーティー収入に偽装?
 原中氏の資金管理団体「原中誠志後援会」が福岡県選挙管理委員会に提出した政治資金収支報告書によれば、同会は平成27年2月19日と9月3日に、福岡市中央区天神にある福岡自治労会館で、「原中まさし県政報告会」という名称の政治資金パーティーを開催したことになっている。

 収入はいずれのパーティーも150万円。対価の支払いを行った者は労働組合「自治労福岡県本部」で、この金額もそれぞれ150万円となっていた。原中氏のカネ集めパーティーを自治労の建物の中で開き、すべてのパー券を自治労が買っていたことになる。(*下の報告書参照)

001-3.jpg

 収支報告書を精査したが、同年に自治労会館で開かれた2回の政治資金パーティーの会場費などは支出として計上されておらず、開催経費ゼロで収入だけ得た形だ。収支報告書の記載内容が政治資金パーティー不存在を証明しており、そうなると自治労からの計300万円は実際には「寄附」で、パーティーの対価ではなかった可能性が高い。

 偽装の疑いが濃い政治資金パーティーは、翌年にも開かれたことになっている。原中後援会は平成28年2月24日、やはり福岡県自治労会館で、「原中まさし県政報告会」という名称の政治資金パーティーを開催。収入は100万円だったが、全額を自治労福岡県本部から得ていた。(*下の報告書参照)

002-3.jpg

 この時も、自治労会館で開かれた政治資金パーティーの会場費などの開催費用は計上されておらず、政治資金パーティーが開かれたことを証明することができない状態だ。この年の自治労からの100万円も、寄附とみなすのが普通だろう。

 政治資金規正法は、政党(支部を含む)及び政党の政治資金団体以外の政治団体が、企業や団体から献金を受けることを禁じており、自治労福岡県本部が原中誠志後援会に寄附するのは違法。原中副議長側は、法に抵触する団体献金の実態を隠す狙いで、自治労からの収入を政治資金パーティーの対価に偽装した疑いがある。

■別のパーティー収入は不記載
 問題はまだある。じつは、原中後援会の平成27年分政治資金収支報告書には、同年3月5日に福岡市中央区天神の「福岡国際ホール」で政治資金パーティー「原中まさし県政報告会」を開いたとして、開催事業費567,598円が計上されているのだ。ところが、この支出に見合う県政報告会の“収入”はどこにも記載されておらず、いつ、どれだけの売り上げがあったのか分からない。

 同年11月19日には、政治資金パーティー「原中まさし県政報告会」の開催事業費として110,000円が仕出し業者に支払われていたが、この政治資金パーティーも、いつ開催され、どれだけの収入を得たのか不明となっている。(*下の報告書参照)

003.jpg

 収入の不記載は翌年も同様。28年年2月25日には、「福岡国際ホール」で政治資金パーティー「原中まさし県政報告会」を開いたとして開催事業費676,096円を支出しているが、この時も実態不明。
 
 同様に、同年6月8日に「お弁当代」56,000円が支払われた「県政報告会」も、いつ開催され、どれだけの収入があったのかが記されていなかった。虚偽記載が強く疑われる事態と言えるだろう。(*下の報告書参照)

004.jpg

 収入の実態を隠して虚偽の政治資金収支報告をした場合も、もちろん違法。原中副議長の政治資金処理に、複数の重大な疑惑が生じた格好だ。

 事実関係を確認するため自治労福岡県本部に取材したところ、応対した書記次長は「本人(原中氏)に聞いてもらうしかない」と事実上の取材拒否。原中副議長は面会を拒んで文書取材を要求してきたため質問書を送付したが、送られてきた回答によって、疑惑が深まる状況となっている。
                                                        (以下、次稿) 



【関連記事】
ワンショット
 永田町にある議員会館の地下売店には、歴代首相の似顔絵が入...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲