政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

【福岡知事選】自民推薦・武内陣営に公選法違反の疑い
ネット上で「出陣式」案内

2019年3月13日 06:35

武内和久 出陣2.png 自民党推薦で4月の福岡県知事選挙に出馬する予定となっている元厚生官僚・武内和久氏の陣営に、公職選挙法が禁じる「事前運動」の疑いが浮上した。
 事前運動が疑われているのは、同氏の公式サイト及びフェイスブックの記載内容。知事選の告示日に行われる予定の「出陣式」の日程を明記した上で、参加を呼びかけていた。
 公選法は、立候補届出前に選挙運動をすることを禁じており、現段階で選挙に関する呼びかけはご法度。出陣式は選挙運動の一環であり、武内陣営がネット上で流した出陣式の案内は、公選法の規定に抵触する可能性が高い。

■ネット上で「出陣式」の案内
 下は、武内氏の公式サイトのトップページ。“活動報告”と“イベント情報”の両欄に記載されているのは、「出陣式」の案内だ。その部分をクリックすると、武内氏のフェイスブック投稿につながる仕組みになっている。

武内出陣式4.png

 次が、フェイスブックの記載内容である。

武内出陣式3.png

 後半に、告示日となる21日に福岡、北九州、久留米で開かれる予定の出陣式のスケジュール。中ほどあたりに赤いアンダーラインで示したとおり、「出陣式を執り行いますので、皆様ぜひご参加下さい」と記されている。

■告示前の出陣式告知は事前運動
 公職選挙法が規定する選挙運動期間は、立候補届出のあった日(告示日)から投開票日の前日まで。今回の福岡県知事選挙の場合は、今月21日から4月6日までが選挙運動期間となる。これ以前に許されているのは、選挙の準備行為と後援団体が行う“政治活動”のみ。選挙運動そのものは、選挙運動期間にしか行うことができない。告示前の時期に投票の呼びかけや不特定多数に選挙日程を周知する行為は、違法な「事前運動」とみなされる。

 武内氏の公式サイト及びフェイスブック上で告知された「出陣式」は、選挙戦のスタートを示すものであり、知事選で武内氏を当選させるための運動の一環。これをネット上で告知し、不特定多数の有権者に参加を呼びかけた形となっており、「事前運動」とみなされる可能性が高い。武内氏の陣営は選挙のイロハを理解していないか、無視しているかのどちらかだ。

 福岡県選挙管理委員会に確認を求めたところ、「一般論として」と断ったうえで、次のように話している。
 ――「 総合的に判断するのは司法当局ということになるが、この時期、候補者陣営がインターネット上で出陣式の案内をすることは事前運動ととられる可能性がある

 



【関連記事】
ワンショット
 永田町にある議員会館の地下売店には、歴代首相の似顔絵が入...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲