政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

【沖縄県知事選】自民などが推薦の佐喜真陣営に、元『週刊文春』特派記者
ライバル誌に沖縄バッシング記事掲載の掟破りで業界を追われた過去

2018年9月14日 08:30

 翁長雄志沖縄県知事が亡くなったことに伴う沖縄県知事選が13日に告示され、同日午前までに4人が立候補した(投開票日は30日)。選挙戦が、「オール沖縄」が推す前自由党衆院議員の玉城デニー氏(無所属・新人)と、自民・公明・維新・希望などが推薦する前宜野湾市長・佐喜真淳氏(無所属・新人)の一騎打ちとなるのは確実な情勢だ。所得向上など経済振興策を争点にしたい佐喜真氏に対し、玉城氏は普天間飛行場の辺野古移設に反対する立場を明確にしている。

■玉城氏を狙った悪質なデマが拡散
 ネット上などでは公示前から激しい「空中戦」が繰り広げられていた。9月2日ごろから拡散し始めたのは、「公示前に貼られた玉城デニー氏のポスター」とされる画像。玉城氏の顔写真がついた手作りとみられるポスター画像には、「沖縄県内に貼られていた」という説明が付けられている。しかし、この画像は玉城氏の公式ポスターではないことがわかっており、「東京都北区」のタグが付けられていたことからも、悪質な「自作自演デマ」であることは確実だ。

9月3日に行われた佐喜真氏の政策発表で、
後ろからメモを渡す竹中明洋氏(Twitterより)

 ニュースサイトのBuzzFeed Newsが9月12日に掲載した記事では、「沖縄知事選サイト」を自称するサイトが乱立していることをレポート。サイトの内容がオール沖縄や玉城氏を誹謗中傷するものばかりであることを問題視したうえで、サイトの管理者が同一人物である疑惑にも迫っている。

 さらに、地元選対関係者の間で一時流布されていた、「世論調査の結果、玉城氏が佐喜真氏をダブルスコアでリードしていることがわかった。玉城氏の当確」なる情報もデマであることがわかった。地元紙『琉球新報』がファクトチェック(真偽確認)を行ったもので、偽世論調査がどこから出た情報かはわかっていないものの、「サンプル数2000」などの細部にこだわっているあたりは「情報戦の手練れ」の仕業とみるべきだろう。

 こうした状況を重く受け止めた玉城氏は10日、インターネット上を中心に「自身に関する事実誤認のデマが拡散している」として、名誉毀損で刑事告訴の手続きに入っている。

■佐喜真陣営に、なぜか『週刊文春』の元記者
 早くも激しさを見せている沖縄県知事選だが、そんななか取材で沖縄入りしているフリージャーナリストは、佐喜真陣営である「有名人」を見つけて驚いたという。

竹中氏の著書に太鼓判を押すのは、
記者を威圧することで有名な「ガースー」こと、
菅義偉官房長官だ

 「9月3日に行われた佐喜真氏の政策発表で、佐喜真氏に助言したり後ろからメモを渡すなどの重要な役割を担っていたのは、『週刊文春』の元記者、竹中明洋氏です。本人の弁によれば山口県の出身で、北海道大学を出た後、NHK札幌の記者や山岡達丸衆院議員(国民)の秘書などを経て『文春』の特派記者をやっていました」

 竹中氏は2017年3月に『沖縄を売った男』(扶桑社)なる本を出しており、その著者紹介によると「1973年山口県生まれ。北海道大学卒業、東京大学大学院修士課程中退、ロシア・サンクトペテルブルグ大学留学。在ウズベキスタン日本大使館専門調査員、NHK記者、衆議院議員秘書、週刊文春記者などを経てフリーランス」と、華々しい経歴が並んでいる。

 竹中氏は2016年に、所属する『文春』のライバル誌である『週刊新潮』に記事を書いたことで『文春』をクビになっているが、その「掟破り」もさることながら、記事の内容もかなり悪質だった。
 「こじれた沖縄を牛耳る『琉球新報』『沖縄タイムス』の研究」と題された記事は、沖縄の地元2紙をこじつけまがいに非難するあまりにも偏ったもので、これを問題視した『週刊金曜日』が『新潮』と『文春』双方に質問状を送付(これがきっかけで竹中氏の記事であることが判明)。ネットジャーナル「LITERA」なども「ヘイトまがいの一方的な批判に終始」と批判していた。

 情報誌記者は竹中氏が『文春』を離れた理由をこう解説する。
 「竹中氏は結果的に『新潮』に記事を書いたことが原因で『文春』に居られなくなったわけですが、それ以前から編集部内では『金遣いが荒い』と鼻つまみ者でした。特派記者は通常1千万円程度の予算が付きますが、竹中氏はそれをはるかに超える金額を使っていた。取材熱心といえばそうなのでしょうが、『文春』はやっかい払いしたかったのかもしれません」

 竹中氏は沖縄の基地問題について、自公政権の方針に追従する記事を書くことでも有名だった。それもそのはずで、前出の『沖縄を売った男』で顔写真入りの推薦文を寄せているのは菅義偉官房長官。本が出版された同月末には、自民党青年局の勉強会に講師として招かれている。安倍首相が山口県出身者を重用する傾向があることと合わせて、竹中氏の佐喜真陣営入りに「なるほど」とひざを打つ元同業者が多いのも事実だ。

20180914_h02-02.jpg
2017年3月31日に開かれた、自民党青年局の勉強会に招かれた竹中氏(中央)

 長く国政を担当してきたベテラン記者は、今回の沖縄県知事選が自公政権にとってこれまでにない総力戦になると予想する。
 「今回の選挙は反基地闘争に命をかけた翁長前知事の『弔い合戦』の意味あいが強く、その意味では事実上の後継指名を受けた玉城氏が有利でしょう。しかし、普天間飛行場の辺野古移設を早期に実現したい政権は負けるわけにはいかず、すでに自公や維新の大物関係者らが現地入りして保守系総動員状態です」

 佐喜真選対を取り仕切るのは、自民党など保守系候補の選挙戦で高い勝率をあげてきた選挙プランナー・三浦博史氏。さらに「宗教団体関係者が数千人単位で沖縄入りした」などの噂も飛び交っており、先行しているとみられる玉城氏を激しく追い上げている。

 「弔い合戦」色が濃くなれば有利になるはずの玉城陣営は、意外にも「予想以上に厳しい戦いになる」とみている。選挙応援で沖縄入りしているある国会議員は、「オール沖縄がまとまりに欠けていて、まったく機能していない。また、デニーさん(玉城氏)の人柄が明るいことがむしろ裏目に出ているのか、『弔い合戦』という意味合いが伝わりにくくなっている」と、危機感を募らせる。

 常勝を誇る選挙のプロに加え、沖縄ヘイト記事で顰蹙を買った記者が選対を取り仕切る陣営と、候補者が明るすぎるがゆえに悩む陣営。30日の投開票まで結果のわからない、難しい戦いになるとみられている。確かなのは、この選挙が「沖縄の未来を決める」ということだ。



【関連記事】
ワンショット
 永田町にある議員会館の地下売店には、歴代首相の似顔絵が入...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲