政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

鹿児島商工会議所に法令違反の疑い 三反園知事資金パーティーで政治活動

2018年6月19日 08:45

商工会議所.png 補助金受給団体などを発起人にしたことが問題視されている三反園訓鹿児島知事の政治資金パーティーを巡り、鹿児島商工会議所が、「商法会議所法」の規定に抵触する政治活動を行っていたことが明らかとなった。
 鹿児島市東千石町にある同商工会議所は、政治資金パーティー実行委員会の連絡先として事務所内に会議所系政治団体「鹿児島県商連政治連盟」の活動拠点を設け、会議所の代表電話とFAXを、政治活動に使っていた。
 商工会議所法は、商工会議所による政治活動を禁じており、三反園訓鹿児島県知事陣営による強引なカネ集めが関係団体の法令違反を招いた格好だ。

◆会議所内で政治活動
 鹿児島商工会議所は、今年7月に予定されている知事の政治資金パーティー「三反園訓知事を励ます会」の実行委員会業務を行うため、会議所内に政治団体「鹿児島県商連政治連盟」の連絡所を設置。会議所の代表電話を政治連盟の連絡先として印刷物を作成し、関係各所に送付していた。

20180619_h01-02.jpg
20180619_h01-03.jpg

 HUNTERが商連政治連盟に取材を申し入れるため印刷物の電話番号に連絡を入れた際は、対応した職員が「商工会議所です」と応じ、“商連政治連盟はこの電話でいいのか”との問いにも「はい、そうですね」と答えていた。商工会議所内で政治活動を行っていたのは明らかだ。

 知事の政治資金パーティー「三反園訓知事を励ます会」の実行委員長は、鹿児島商工会議所会頭の岩崎芳太郎氏(いわさきグループ代表)。岩崎氏は「鹿児島県商連政治連盟」の代表でもあることから、安易に商工会議所での政治活動に走ったものとみられる。

 商工会議所法は、会議所が特定の個人・団体の利益を目的とした事業を行うことや、組織を政党のために利用することを禁じており、鹿児島商工会議所による“政治活動”は、この規定に違反する可能性が高い。

【参考】(商工会議所法)
第4条 商工会議所等は、営利を目的としてはならない。
2 商工会議所等は、特定の個人又は法人その他の団体の利益を目的として、その事業を行つてはならない。
3 商工会議所等は、これを特定の政党のために利用してはならない。

◆日商―「事実関係調べる」 
 上部団体である「日本商工会議所」に確認したところ、会議所内に政治団体を同居させることや、会議所の電話を共同使用することを明快に否定。「商工会議所と政治団体は別組織。会議所内で政治活動を行うことも、電話を共同で使うことは絶対に許されない。事実関係を調べる」としている。

 三反園知事のカネ集めを巡っては、政治資金パーティーの発起人に、本来ならあり得ない県議会や市長会などが「団体」として参加している形になっていることが発覚。さらに、発起人になった農協、建設産業、林業、介護、女性団体、土地改良、漁協などの各団体が、いずれも県との契約関係か補助金受給でつながる団体であることも分かり、関係者から批判の声が上がる事態となっていた。

 三反園氏は、今年2月に鹿児島市内のホテルで還暦祝いと称して10,000円会費の政治資金パーティーを開催。7月の励ます会では、会費2万円で2,000人を集め4,000万円を集める計画になっており、強引なカネ集めに注目が集まっている。



【関連記事】
ワンショット
 永田町にある議員会館の地下売店には、歴代首相の似顔絵が入...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲