政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

資金パーティー発起人が示す三反園県政の歪み
― 波紋広げる鹿児島県知事のカネ集め(下) ―

2018年6月13日 08:20

00000-鹿児島県議会.JPG 三反園訓鹿児島県知事が開く政治資金パーティーの発起人を「団体」としての参加だと断言する鹿児島県議会の前議長・池畑憲一氏。県議会が一丸となって知事のカネ集めに協力することなどあり得ない話だが、その点について池畑氏は、「議長に聞け」と逃げを打つ。
 じつは池畑氏に話を聞いた前日、現職の議長である柴立鉄彦氏に、問題の政治資金パーティーで発起人になった経緯について確認していた。柴立議長の言い分とは……。
(写真は鹿児島県議会)

◆発起人は「個人」として参加
 柴立議長は、団体としての発起人参加を「あたりまえ」と断言した池畑氏の主張を、真っ向から否定。“2元代表制”を持ち出したまでは良かったが、政治家としての矜持を問われる質問には、満足な答えが出せない状況となる。以下が、HUNTERの記者と議長のやり取りの概要だ。

 

――知事の政治資金パーティーで発起人に名を連ねた23団体の中に、県議会も入っているのか?
 柴立:いやいや、それは違う。共産党の松崎県議が紙(政治資金パーティーの案内文のことか)を持ってこられたので、それは個人的に頼まれたことだと……(説明した)。

 ――誰から頼まれたのか?
 柴立:岩崎芳太郎さん(市商工会議所会頭)から、何かの会合の時に、こういうのやるので、(発起人に)なってくれと言われた。

 ――5月14日の発起人会に参加したか?
 柴立:出ていない。

 ――商工会議所が勝手にやったということか?
 柴立:結果としては、そういうこと。県議会は「団体」ということではなかったから。議会は2元代表制なので、これはどうかと思っていたが、伊藤(祐一郎)前知事時代もそうした例があったということ。しょうがないかと考えた。

 ――しょうがない?三反園氏を認めたということか?
 柴立:何を認めると?

 ――伊藤さんについては、前回の知事選で自民党が「公認候補並み」という異例の扱いで支援した。三反園さんは、その自民党が対立した相手。カネ集めに協力して、筋が通るのか?
 柴立:選挙は選挙。県民の選んだ知事だから、いまはもう知事だから、県民の代表だから、それはそれなりに扱わないといけない。

 ――それなり、とはどういうことか?
 柴立:いや、それなりに知事としておられるわけだから、知事は知事として認めているということ。知事として認めないというのは、やっぱりよくないから。

 ――知事として認めるということと、知事のカネ集めに協力するということとは、別の問題だと思うが?
 柴立:発起人になるのはおかしいという話ですか?

 ――そうではないのか?自民党県議団は、いつから三反園与党になったのか?
 柴立:与党とか野党とかではなく、県民の選んだ知事ですから、知事のやっておられることで、いいことは進めましょうと……。

 ――話が理解できない。それと知事のカネ集めとどう関係があるのか?前任の伊藤さんと三反園さんは立場が違う。伊藤さんの政治資金パーティーの発起人を務めるのとは、意味が違う。
 柴立:じつは、事務局長に私の先輩の池畑さんがなられているので……。

 ――自民党として、三反園県政の与党になったということか?
 柴立:我々は議会ですから、是は是、非は非としてやっていきます。

 ――それなら、なおのこと発起人はおかしい。筋が通らない。2元代表制と言ったではないか。
 柴立:それぞれ考え方がありますから、議会としてなってくれと言われたら、これ、致し方なかったと……。前もそうだったというから。

 ――カネ集めならいいと?
 柴立:カネ集め?

 ――政治資金パーティーはカネ集めだ。
 柴立:それは、そちらの考え方。どう書かれようと自由だ。

 知事陣営が開催する政治資金パーティーの発起人になったのは“個人”の資格、2元代表制である以上県議会としての関与はできないというのが議長の回答だ。当然の答えだが、この議長さん、肝心なところが理解できていない。

◆歪む県政
 自民党は、参議院とのダブル選挙になった2016年の鹿児島県知事選で、伊藤裕一郎前知事を「公認並み」の扱いにして支援。結果、三反園氏に敗れ「野党」の形になっている。

 柴立議長と池畑前議長が所属する自民党県議団は、伊藤県政時代の「与党」。三反園氏が知事に就任してから、自民党が「三反園与党」になったという話は聞いたことがない。三反園氏が知事だから、発起人になるのは「しょうがない」などという訳の分からない理屈は、まったく筋が通らない。

 ある自民党関係者は、吐き捨てるようにこう話す。
「柴立にしろ池畑にしろ、恥という言葉を知らんのだろう。池畑なんか、伊藤前知事としょっちゅう飲みに出ていたほど。(知事が)三反園に変わったとたん、今度は三反園にごまをするというんだから、情けないというしかない。薩摩隼人の面汚し。鹿児島の政治家のレベルは、落ちるところまで落ちたということだろう。前回の知事選で、伊藤支援を頼んできたのは自民党だろう。支持者に何の説明もなく、今度は三反園のパーティー券を買えというのか。ふざけるなと言いたい」

 柴立議長自身が述べているように、地方政治は2元代表制だ。選挙で選ばれた首長と議会は、互いに切磋琢磨しなければならない関係である。だが、両者の間が政治資金のやり取りや斡旋によって固く結ばれる関係になれば、“持ちつ持たれつ”という歪んだ関係が、鹿児島県政を蝕むことになる。

 県の幹部OBは次のように語る。
「池畑さんは、鹿児島県小水力利用推進協議会の会長だ。南国殖産などが設立した小水力発電の専門会社「九州発電株式会社」のホームページのトップ画面には、池畑さんの公式サイトにジャンプするバナーが貼ってあるほど。小水力というが、県内5か所の発電所の建設には、それぞれ11億から26億もの整備費がかかっており、巨大な利権となっている。池畑さんが知事にしがみつくのは、小水力発電の推進に県の力が不可欠だからだ。伊藤さん、三反園さん、どちらでもいいということ。そうでなければ、伊藤県政時代の議長が、敵対した三反園さんのカネ作りに協力するわけがない」

 柴立議長についても、厳しい見方がある。
「知事は7日の県議会で、鹿児島中央駅の西口にある県工業試験場跡地を、新総合体育館の建設用地にする考えであることを表明している。あそこに体育館を建設するよう訴えてきたのは柴立県議。政治資金集めお発起人の話とリンクしているとしか思えない。露骨すぎる。三反園県政は利権の巣窟だ」(鹿児島市の関係者)

 補助金の受給団体や業界団体が、発起人としてズラリと並ぶ知事の政治資金パーティーなど例があるまい。見えてくるのは、“団体に便宜を図る代わりに、政治資金をもらう”という歪んだ鹿児島県政の姿だ。報じてきたように、発起人の中には政治活動を禁じられた団体も複数含まれており、別の意味での違法性も否定できない。知事の政治資金パーティーの発起人構成が、三反園県政の問題点をあぶりだしたということだ。



【関連記事】
ワンショット
 永田町にある議員会館の地下売店には、歴代首相の似顔絵が入...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲