政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

飲食代に1200万円超の政治資金 問われる自民党参院議員の倫理観

2016年6月 1日 09:10

収支報告書 公共事業の実施主体に口利きし、見返りに現金をもらいながら不起訴。甘利明前経済再生相を巡る現金授受問題の結末に、「またか」と思っている国民は決して少なくはないだろう。政治とカネの問題で注目された小渕優子元経産相や松島みどり元法相も、同じく不起訴。あっせん利得処罰法や政治資金規正法が“ザル”と言われる所以である。
 舛添要一東京都知事の公私混同ぶりに批判が高まっているが、問われるべきは政治家個々の倫理観。法的にセーフであっても、一般常識から外れたカネの使い方をする人間に、国や自治体を動かす資格などあるまい。
 改めて身近な政治家のカネの使い道を調べてみたところ、当選1回の若手国会議員でも、驚くほどの飲食費を支出していることが分かった。

1回生議員、巨額の飲食代
 福岡県選出の参院議員大家敏志氏。当選1回ながら、県議から国政に転じた自民党のホープだ。同氏の関連政治団体は二つ。「自由民主党福岡県参議院第三選挙区」(以下、自民支部)と資金管理団体「大家さとしを育てる会」(以下、育てる会)である。平成24年から26年までの、両団体の主な収入と飲食関係の支出をまとめた。

大家政治資金.jpg

 自民支部の収入は、企業献金と党本部からの政党交付金が軸。このうち、税金が原資である交付金の年間額だけを抜き出した。一方、育てる会の主な収入源は政治資金パーティーの売上。こちらは、その年の収入額を記載した。飲食関連の支出のほとんどが、組織対策費の中の「会合費」。その他、「贈答品代」「菓子代」といった支出もあるが、毎年数件程度であるため一括して「飲食関連支出」とした。

 自民支部の飲食関連費は、多くが福岡県内の料理店やホテルへの支払い。育てる会の会合費は、ほとんどが東京都内の高級料亭、寿司店、焼き肉店、ホテルなどへの支払いが占めている。

 自民支部の飲食関連費が一定の範囲(170万円~200万円台)でとどまっているのに対し、育てる会の飲食関連費は年を追うごとに増加。政治資金パーティーの売上額が約570万円から約1055万円へと伸びるのに合わせて飲食にかける政治資金の額も肥大化し、平成26年は24年の2倍近くに膨れ上がっている。

 平成24年の飲食関連費は、自民支部と育てる会の両団体で771万207円。25年は962万6,665円。26年は1,227万4,365円に上っていた。1回の「会合」にかける金額は、少ないもので1万円台。高額なケースでは、ホテルや料亭に対する80~90万円の支出が認められる。年間約1,300万円もの政治資金が「会合費」名目で飲み食いに消えた形だ。(下は、「育てる会」政治資金収支報告書の一部)

育てる会会合費.jpg

祝花、パー券購入にも多額の支出
 飲食関連費の他にも、特徴的な支出がある。育てる会で目立つのは、交際費に計上された「祝花代」。1回につき2~3万円前後で、平成24年には計約44万円、25年に同94万円、26年に同71万円を支出していた。

育てる会祝花.jpg

 一方、自民支部にも他の1回生議員を圧倒する額の支出がある。渉外費として計上された「会費」がそれ。自民党所属の議員が開いた政治資金パーティーの会費などとして、平成24年には60件以上で約323万円。100件を超えた25年と26年には、それぞれ約440万円と約442万円を支出していた。多額の飲食費、お祝いの花、顔つくりのパー券購入……。大家議員の金銭感覚は、一般庶民とかけ離れ過ぎている。

コンビ二弁当の領収書多数
 高級料理店やホテルでの飲食に、湯水の如く政治資金を使う大家氏。開示請求して入手した少額領収書からは、違った一面も見えてくる。下は、育てる会の少額領収書の一部だ。

DSC04006.jpg

 国会内のコンビニで頻繁に購入されていたのは「弁当」。一人分と見られる400円台、500円台のものが多数ある。なぜか銀座のデパートでも度々弁当を購入しており、少額領収書は弁当代のオンパレード。議員本人が喫食したものか、スタッフの食事なのか大家氏の事務所に確認を求めたところ、次のような回答だった。
「ご質問の政治資金につきましては、法令に従い、適正に報告をしております。弁当につきましては、国会事務所インターン、昼食付きのアルバイト スタッフ及び会議に要したものです(議院議員 大家敏志事務所)」

 尽きることのない「政治とカネ」の問題。重ねて述べるが、問われているのは政治家個人の倫理観だ。年間1,000万円を超える飲食費を払ったり、お祝いの花代に70万円もかけたりすることのできるサラリーマンや商店主がどれほどいるのか?考えずとも、分かることだろう。



【関連記事】
ワンショット
 ガラスの向こうに積み上げられた洋書。オシャレな入り口の奥...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲