政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

高市総務相に聞きたい「閣僚の放送法違反」

2016年2月15日 09:05

FM21 高市早苗総務相が国会で、放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断された場合、放送法4条違反を理由に、電波法76 条に基づいて電波停止を命じる可能性があると発言。権力側が言論・表現の自由を奪うことを容認する主張だとして、批判を浴びる事態となった。繰り返し同様の発言をしているところをみると、確信犯的な脅し。“政権批判は許さない”という安倍政権の姿勢を体現した形だ。
 もともと右寄りの高市氏、勇ましいのは結構だが、明らかに放送法違反と見られる番組を垂れ流している人間が「閣内」にいることを知っているのだろうか……。(写真はFM21のHPより)

放送法無視のラジオ番組
 放送法違反が疑われているのは、島尻安伊子沖縄担当相がメインジョッキーを務めるコミュニティFM局のラジオ番組『あい子のチャレラジ』。2014年6月にスタートしたこの番組は、毎週土曜の午後3時から1時間、キー局であるFM21のほかFM久米島、FMレキオ、ちゅらはーとFM本部を結んで放送されており、メインの島尻氏とゲストがトークを繰り広げるという内容だ。

 この番組の偏向ぶりは徹底しており、文化人などを除き、ゲストに登場する政治家はすべて島尻氏のお友達。つまり自民党の関係者に限定されている。自民党の衆議院議員、自民党の県連幹事長、自民党県連所属の地方議員……。次から次へと身内を登場させ、党の主張を、これでもかと垂れ流しているのである。

 思わず耳を疑ったのが、昨年6月頃に放送されたとみられる番組の内容。自民党沖縄県連の女性局副局長を務めている地方議員をゲストに迎えてのやり取りだった。

放送内容1

我々として、組織の人間として、自民党というか、その立場を主張する者として
『自民党・保守系の議員は、もちろんそこに持っていきたいから、耳障りのいいことだけじゃなくて、ちゃんとした政策を訴えていて』
向こう側はもう、簡単な言葉で、「平和」だったり、「基地反対」だったり、簡単な言葉で訴えてきて、それがいかにも正しいみたいな感じに……』

 「平和」や「基地反対」を唱える人々を『向こう側』と呼ぶ神経は理解できないが、これが国会議員でしかも沖縄担当大臣の番組だというのだから、呆れるしかない。一体どこの県の代表なのか、沖縄県民ならずとも聞きたくなる酷さだ。

公選法違反の疑いも
 放送法だけでなく、公職選挙法上の疑義もあると見られているのが、2014年9月に放送された「あい子のチャレラジ」。この時は、8月初旬に再選出馬を表明していた仲井眞弘多知事(当時)をゲストに招き、「(仲井眞氏の)経済成長政策から基地問題、今後の沖縄について」(島尻氏のブログでの記述)トークを繰り広げていた。同年の沖縄県知事選は10月30日告示、11月16日投開票。仲井眞氏が番組出演した9月は、前哨戦が始まっていた時期で、事実上の事前運動だった。

 9月13日には選挙で仲井眞氏を破ることになる翁長雄志氏(現知事。当時、那覇市長)が、知事選立候補を表明していたが、その後島尻氏の番組に翁長氏が出演したことはなく、一方の立候補予定者のみを優遇したのも確か。放送法が定めた「政治的に公平であること」も「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」も守られていない。

 そもそも、番組を流しているFM21の運営姿勢自体に「違法」の疑いがある。下は、同局のホームページ上に残されている当時の番宣記事だが、島尻氏が手に持っているのは仲井眞陣営の知事選向け印刷物。ラジオ局ぐるみで事前運動をやっていた格好だ。

003-thumb-550x602-16130.png

税金で番組買取り
 島尻氏が好き勝手をやれるのには理由がある。まともな放送局ならメインになる出演者を選ぶものだろうが、FM21は財政基盤の弱いコミュニティ局。積極的に「番組買い取り」を勧めており、買い手の自由な番組作りが可能なのだ。(下参照。同局のHPより)

8.png

 「あい子のチャレラジ」は、島尻氏側が番組枠を買い取り、自身や自民党、さらには政権の一方的な主張を垂れ流している可能性が高い。下は、島尻氏が支部長を務める「自由民主党沖縄県参議院第二選挙区支部」が総務省に提出した平成26年分の『政党交付金使途等報告書』。同年8月4日、12日、9月10日に「株式会社FM21」対し、それぞれ86,400円が支払われているのが分かる。支出目的は「放送番組代」。記述通りなら、番組買取りは明らかだ。しかも、原資は「税金」である。

平成26年分の『政党交付金使途等報告書』

 島尻氏が政治家としての資格を欠いているのは、これまで同氏を巡って浮上した数々の「政治とカネ」の問題でも明らか。その上、放送法の規定を無視した暴走番組を、税金で買い取った枠を使って流しているのである。

 高市総務相は、同僚大臣のこの無法をどこまで許すのか?



【関連記事】
ワンショット
 47年前と変わらぬ雄々しい姿が、そこにあった。太陽の塔。...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲