政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

自民党の横暴 沖縄担当相のラジオ番組、放送法に抵触の可能性

2016年1月19日 08:25

あいこ子のチャレラジ 存在しない後援会の名称を使い、活動実態と異なる政治資金収支報告を行っていることが明らかとなった島尻安伊子沖縄担当相が、地元FM局のラジオ番組を利用し、放送法に抵触する内容の番組を流していた可能性が出てきた。
 島尻氏がメインジョッキーを務めるラジオ番組は、島尻氏とゲストがトークを繰り広げる内容。この番組ではこれまで、沖縄県知事選を目前に控えていた仲井眞弘多前知事を出演させていた他、島尻氏に近い自民党の国会議員や県会議員などがゲストとして登場。島尻氏や同党の御用番組と見られてもおかしくない番組構成となっていた。
 島尻氏が支部長を務める自民党支部が、番組を買い取っていた疑いもある。(右は収録現場の仲井眞氏と島尻氏。FM21のHPより)

番組名は「あいこ子のチャレラジ」
 問題のラジオ番組は、島尻氏の事務所がある沖縄県浦添市の「FM21」で、毎週土曜午後3時から4時まで流されている『あい子のチャレラジ』。2014年6月にスタートしたこの番組は、メインの島尻氏とゲストがトークを繰り広げるという内容だ。島尻氏は同年6月16日、自身のブログにこう記している。

ラジオ番組スタート

この度、ラジオ番組を持つことになりました。

FM21(浦添市)をキーステーションにFMレキオ(那覇市)、FMくめじま(久米島町)、FMもとぶ(本部町)で放送されます。

時間は、毎週土曜日15:00~16:00放送

6月7日(土)からスタートしたのですが、急だったのでまだ番組名が決まっておりません。

ブログでも募集しますので是非みなさまのアイデアお寄せください。

国会のこと時事問題、日常生活まで、ゲストを交えて楽しい60分にしたいと思います。

皆さん聞いて下さい。

 まず、現職の参議院議員が番組を持つことに、首を傾げざるを得ない。理由は「放送法」。同法第4条が、次のように規定しているからだ。

 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならない。
 一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
 二 政治的に公平であること。
 三 報道は事実をまげないですること。
 四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

 島尻氏のブログの記述でも明らかな通り、同氏は番組で『国会のこと時事問題』について語ると宣言している。自民党の議員をメインに据えて、国会のことや時事問題が語られる番組に「政治的公平」があるとは思えない。

知事選前、ゲストに仲井眞氏 ― まるで事前運動
 案の定、島尻氏の番組は政治色が極めて濃く、ゲストに自民党関係者ばかりが呼ばれていたことが、島尻氏自身のブログやFM21の番宣記事に記録されていた。2014年9月15日の島尻ブログから。

002.png


ご多忙の中、仲井眞知事に出演していただきました。

今般、成長著しい沖縄経済。 知事の経済成長政策から基地問題、今後の沖縄についてやプライベートなこと、楽しい一時間となりました。

またもう一度、出演していただければと思います

 2014年といえば、任期満了にともなう沖縄県知事選挙が行われた年。仲井眞前知事は8月初旬に出馬表明しており、9月は、10月30日告示、11月16日投開票の知事選に向け前哨戦が始まっていた時期だ。9月13日には選挙で仲井眞氏を破ることになる翁長雄志氏(現知事。当時、那覇市長)が、知事選に立候補することを表明。その数日後に、仲井眞氏の推薦母体である自民党の国会議員が、立候補予定者と二人で、「(仲井眞氏の)経済成長政策から基地問題、今後の沖縄について」ラジオで好き勝手にトークを繰り広げていたことになる。放送法上の問題に加え、公職選挙法の規定にも引っかかりそうな暴挙と言えよう。

 番組を流しているFM21の姿勢も疑問だ。同局のホームページ上に、当時の番宣記事が残されている。

003.png

 島尻氏が手に持っているのは、仲井眞陣営の知事選向け印刷物(下が拡大写真)。こうなると、ラジオ局ぐるみの事前運動と言っても過言ではあるまい。

005.jpg

自民議員が続々登場
 番組の偏向ぶりは、このあとのFM21の番宣記事で、より明確となる。2015年2月7日のこと。収録前後の写真に、次のコメントが記されている。

あい子のチャレラジの助っ人に幸之助さんが!

あい子のチャレラジ(毎週土曜日午後3時から)の番組に、國場幸之助さんが助っ人にいらっしゃいました!島尻あい子さんはインフルエンザだそうですが、さすがあい子さん!たくさんの頼もしい助っ人がいらっしゃいました。早めの回復をスタッフ一同願っています!来週、元気なお声が聴けますように♪(左から國場幸之助さん、新垣さん、浦崎さん、ミキサーは金城さん)

 國場幸之助氏は、自民党の衆議院議員。インフルエンザで番組に出られない自民党議員の代役を、同じ自民党の議員が務めた形だ。自民党偏重の証拠は、まだある。

 2015年1月28日の島尻氏のブログ。収録現場の写真3枚に、次の説明文がある。

わたくしのラジオ番組「あい子のチャレラジ」(FM21 毎週土曜日15:00~)の最近の様子をアップしました。

上から順に、自民党県議会議員 島袋 大議員、仲の良い大ちゃんと、友人であるソバ屋の比嘉さん。

そして自民党県連幹事長 照屋守之県議

最後は、豊見城市議会議員 新垣亜矢子議員

若い議員を中心に、市議会のこと、県政のこと、そして国政の時事問題について議論しました。

是非興味のある方はFM21、摩周土曜日15:00オンエアなのでお聞き下さい。
(「摩周」は原文のまま)

 ゲスト5人のうち3人が自民党の地方議員。ひとりは同党県連の幹事長というのだから、呆れるしかない。あい子のチャレラジは、「自民党のための、自民党によるラジオ番組」なのである。放送法の趣旨などお構いなし。どう見ても、放送法4条の「政治的公平」は守られていない。

 なぜこうした愚行がまかり通るのか――。その疑問に対する答えは、島尻氏が支部長を務める「自由民主党沖縄県参議院第二選挙区支部」の政治資金収支報告書の中にあった。下は、同支部が沖縄県選挙管理委員会に提出した平成26年(2014年)分の報告書の一部。宣伝事業費のページの記載である。

政治資金収支報告書

 同年8月4日、12日、9月10日に「株式会社FM21」対し、それぞれ86,400円が支払われている。支出目的は「放送番組代」。記述を素直に受け取れば、ラジオ番組の買取り費用ということになる。それが事実なら、自民党が電波を買って、支部長である島尻氏や党の地方議員、さらには推薦した知事候補の宣伝を行っていた形。放送法違反を疑ってかかるのが普通だろう。

口を閉ざす関係者―どうする自民党!
 事実関係を確認するため、今月10日に島尻氏の事務所に文書で質問書を送ったが、いまだに回答なし。FM21は、“「あい子のチャレラジ」は買取り番組か”という記者の質問に対し、当初「そうだと思いますよ」と答えておきながら、取材とわかるや「こちらではお答えできません。島尻さんの方に聞いてください」……。関係者一同が口を閉ざす格好となっている。

 安倍政権に批判的と見られてきたテレビ朝日の『報道ステーション』やTBSの「NEWS23」に対し、放送法第4条を盾に、さんざん脅しをかけてきた自民党。党所属の大臣がやっている放送法無視の暴走に、どういう罰を下すのだろうか。



【関連記事】
ワンショット
 ガラスの向こうに積み上げられた洋書。オシャレな入り口の奥...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲