政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

汚れた改革市政 現・元市長に建設業界のカネ
佐賀県知事選&武雄市長選 樋渡・小松両陣営に迂回献金の疑い(下)

2015年12月11日 10:00

ひわたし啓祐連絡所 今年1月の佐賀県知事選挙に立候補し落選した樋渡啓祐前武雄市長の陣営と、樋渡氏の辞職に伴い行われた武雄市長選に出馬し初当選した小松政市長の陣営が、「自由民主党佐賀県武雄市第二支部」(支部長=稲富正敏県議)をを迂回する形で建設業界から献金を受けていた可能性が濃くなった。
 昨年、同支部が個人、企業から受けた献金額は1,176万円。このうち600万円が建設会社もしくは建設会社の役員からのもので、他の個人献金分350万円を合わせ950万円が、樋渡、小松両陣営の政治団体に流れていた。
 違法な資金提供ではなかったのか?――迂回の背景を探るため、自民支部に献金した建設会社と個人献金を行った人物が役員を務める建設会社の受注実績を調べた。「改革市政」の実態は……。

選挙直前、献金集中
 まず、自民党佐賀県武雄市第二支部が県選管に提出した政治資金収支報告書から、過去3年間の同支部における政治資金の動きを再確認しておきたい。

自民党佐賀県武雄市第二支部

 同支部の年間収入は、平成24年が約166万円で25年が約154万円。両年とも個人献金は6万円で、同一人物からのものだった。企業献金は、24年に5社から156万円、25年は3社からの126万円。いずれの年も100万円台だ。支出の大半は支部長である稲富県議の支援団体に向けられており、24年は160万円、25年には152万円が「いなどみ正敏後援会」に寄附されていた。

 これに対し、26年の総収入は1,180万4,377円。内訳は、8人の個人献金で856万円、5社からの企業献金で320万円となっている。個人献金のうちの6万円は、24、25年に同支部に献金した人物からのもの。3月に献金された100万円は別として、6人からの750万円が、樋渡、小松両人の選挙に向けた動きが加速した12月に集中している。

 企業献金は、それまでと同じ顔ぶれの3社以外に、同支部の収支報告書に出てきたことない2社が、それぞれ100万円づつを献金していた。それも12月。同月の献金950万円が、知事選、市長選のために集められた政治資金だったことは疑う余地がない。問題は、950万円の中に含まれている建設業界からの政治資金だ。

建設業界から600万円―注目したのは「工期」
 950万円のうち、600万円は建設業界からのものだった。まず、12月にそれぞれ100万円を献金したのは、武雄市に本社を置く「松尾一建工業」と佐賀市本社の「西村土木建設」。両社は毎年、佐賀県の発注工事を複数件請負っていることから、特に選挙直前の受注状況を調べた。

【西村土木建設】
・9月25日入札「黒川 広域河川改修(通常)工事(護岸工)」
 落札金額9,616万4,815円 工期:26年10月1日~27年7月4日

【松尾一建工業】
・8月28日入札「西部家畜保健衛生所 車庫等改築・解剖棟新築その他工事」
 落札金額:9,022万9,000円 工期:26年9月1日~27年2月12日

・9月25日入札「畜産試験場肥育試験牛舎新築工事」 
 落札金額:1億3,083万8,000円 工期:26年10月1日~27年3月24日

・7月10日入札「松浦川 広域河川改修(通常)工事(河道掘削戸工)」 
 落札金額4,380万円 工期:26年7月16日~12月22日 

 注目したのは「工期」。公職選挙法は、≪衆議院議員及び参議院議員の選挙に関しては国と、地方公共団体の議会の議員及び長の選挙に関しては当該地方公共団体と、請負その他特別の利益を伴う契約の当事者である者は、当該選挙に関し、寄附をしてはならない≫と定めており、上記工事を請負い中の西村土木建設と松尾一建工業が、昨年12月25日告示、今年1月11日投開票の県知事選立候補者に寄附を行うのは違法。樋渡氏に直接献金することはできなかったのである。

 次に、200万円を個人で寄附した2人のケース。両人とも武雄市に本社を置く「本山建設」の役員で、同社も県の工事を請負っている。選挙直前に落札したのが下の工事だ。

【本山建設】
・12月15日入札「川登東地区(二位道水路・大野山水路) 県営ため池等整備事業工事(水路工)
 落札金額:1,643万円 工期:26年12月19日~27年5月11日

 同社が受注した工事の工期も、知事選の時期と重なっており、会社としては知事選絡みの献金はできない。

 松尾一建工業と本山建設は、武雄市発注工事も請負っており、受注した工事の工期が1月4日告示、11日投開票の武雄市長選と重なれば、市長候補への寄附はできない。武雄市の入札結果を確認したところ、次の工事が該当していたことが分かった。

【本山建設】武雄市発注工事
・11月28日入札「附防菅牟田線 道路災害復旧工事」
 落札金額:161万円 工期:26年12月4日~27年3月13日

 3社のうち、西村土木建設と松尾一建工業が知事選に出馬した樋渡氏に寄附を行うのは違法。本山建設側は、樋渡氏にも市長選に立候補した小松氏にも寄附ができない状況だった。そのため、いったん自民支部に寄附し、迂回させる形で両候補に政治資金を提供した可能性が高い。

建設業界からのカネが選挙資金に 
 自民支部から「ひわたし啓祐後援会」に750万円、「こまつ政後援会」に200万円が渡っていたことは述べてきた通り。両後援会に入ったカネが、樋渡、小松両候補の選挙運動費用に充てられたことも分かっている。イメージとしては、次のような流れだ。

自民党武雄第2支部1.jpg

違法性、認識していた?
 両陣営には、建設業界以外からの寄附も入っており、選挙運動費用のすべてが業界のカネで賄われたわけではない。しかし、建設業界からの迂回献金が行われたのは事実。計画的な“公選法逃れ”が疑われる。

 樋渡氏を巡る政治資金の流れを追い、樋渡陣営と自民支部の会計処理を一手に引き受けていた人物に電話取材した時のこと。書類を見てから説明するとして受話器を放した彼が、家人に向けてぼやく声が聞こえた。「だけん、問題になるて言うたったい!」――。陣営側に、違法な政治資金処理の認識があったのは確かだろう。



【関連記事】
ワンショット
 47年前と変わらぬ雄々しい姿が、そこにあった。太陽の塔。...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲