政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

福岡市職員不祥事と記者クラブ加盟社の立ち位置

2014年6月24日 08:40

 今月13日、福岡市(高島宗一郎市長)の職員が飲酒の末に眠り込み、市が貸与しているタブレット型端末「iPad(アイパッド)」や会議資料を盗まれるという事案が発生。報告を受けた高島市長ら市執行部が、iPad盗難について公表しない方針だったことを18日に報じた。明らかな隠ぺい。背景に、今年秋の市長選挙を控え、飲酒絡みの不祥事で騒がれたくない市長周辺の思惑があることも明らかにした。
 HUNTERが注目していたのは、この問題をめぐる市政記者クラブ所属各社の対応ぶり。これまで市職員による飲酒絡み事件を厳しく糾弾してきた新聞各社が、どう書くか、あるいは書かないか――じっくり拝見させていただいた。

毎日と西日本 ― 違いは歴然
 HUNTERがiPad盗難と、市幹部らによる事案の隠ぺいを確認したのは17日朝。この日は、高島市長の定例会見が行われる予定だったため、午前中は市関係者の話通り市長らが隠ぺいに走るかどうか見極めた。事は取材で得た情報通りに進み、会見での市長は、飲酒絡みのiPad盗難について一切言及せず――。このため夕刻になって市側に直接取材し、18日に事案の顛末と背景を報じた。

 翌19日、飲酒絡みのiPad盗難を報じたのは、毎日新聞と西日本新聞。2紙の記事は、市役所とそれぞれの新聞社の距離を示す格好の材料となった。まず、西日本新聞の記事(下がその紙面)。

西日本新聞

 市側の主張をたれ流しただけで、問題点を検証しようとする姿勢はまったく見えてこない。福岡市では、これまで市職員による飲酒絡みの事件・事故が続発しており、綱紀の緩みが指摘されてきた。同紙もその度に大きく報じてきたはずだが、今回の件については、サラリと流しただけ。隠ぺいを図った市長周辺に気を使ったのか、盗難事件であるはずの事案を、見出しでも記事でも「紛失」で片づけている。意図的にこう書いたと見るべきだろう。市長会見も含めて、役所側が事案の公表を怠ったことについては、「重大な個人情報の流出がなかったから」だとする市側の主張をそのまま掲載。これではまるで市の広報だ。

 一方、毎日新聞の記事(下がその紙面)は、問題点をきちんと報じている。飲酒絡みの事案であること。iPadが盗まれたこと。福岡市で職員による飲酒絡みの不祥事が続いていること。書くべきことは書いたということだ。

毎日新聞

 それぞれの記事の冒頭を読み比べると、立ち位置がよく分かる。西日本の書き出しはこうだ。
福岡市は、港湾局の男性職員が、飲酒後に歩道橋で寝込み、市から貸与されてたタブレット端末を紛失していたことを明らかにした≫。
 次が毎日のそれ。
≪福岡市港湾局の20代男性職員が酔って帰宅途中に路上で寝ている間に、所持していた市の業務用タブレット端末「iPad(アイパッド)」を盗まれていたことが18日、分かった

 西日本の記事は≪福岡市は≫で始まっている。主体は「福岡市」。つまり、初めから市側の視点でモノを言っているのだ。述語は≪明らかにした≫。市が積極的に情報を開示したかのような書きぶりだ。権力側の犬がよく使う手口なので、読者は覚えておくと騙されずに済む(もっとも、こうした記事ばかりが新聞の紙面を埋めているのが現状だが……)。

 毎日新聞の記事はまるで違う。男性職員が酔ったあげくにiPadを盗まれたことが≪分かった≫としており、市側の発表モノではないことを明確にしている。立ち位置の違いは歴然。結果、同じ職員不祥事を扱った報道でありながら、西日本の記事が役所側を擁護した形となっているのに対し、毎日の記事は、「飲酒絡み」の事案が続発する現状に警鐘を鳴らした格好だ。この差は大きい。

 解釈改憲による集団的自衛権の行使容認に向けて暴走する安倍政権に対し、毅然と立ち向かっている両紙。しかし、こと福岡市政に関する記事においては、西日本新聞の報道姿勢に「?」がつくことが多い。噂されてきた同紙幹部と市長の蜜月が続いている結果なら、一番大切な地元の読者を裏切っていることになる。

朝日、読売 ― 期待するだけ無駄?
 朝日、読売はどうだろう。少なくとも19日朝刊の時点では、iPad盗難に関する記事は掲載されていない。18日のHUNTERの報道を知らなかったとしても、19日の毎日、西日本の報道はきちんとチェックしているはず。飲酒絡みの不祥事が起きたことは承知していただろう。19日の夕刊以降、きちんと報じていればまずまずだろうが、もしダンマリを決め込んだのであれば、西日本新聞以下ということになる。“ネットメディアの記事など後追いできるか”という言い訳が聞こえてきそうだが、報道記者としての矜持があるのなら、真実を追求し、市が抱える問題点を報じるのが普通だろう。権力の監視こそ、報道に与えられた使命ではないか。

 飲酒絡みの不祥事が起きたのは事実。17日の市長会見で、この件が伏せられたのも事実。これがなぜニュースにならないのか、聞いてみたいものだ。もっとも、日ごろの報道内容を見る限り、読売や朝日の市政記者に期待するだけ無駄とは分かっているが……。



【関連記事】
ワンショット
 ガラスの向こうに積み上げられた洋書。オシャレな入り口の奥...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲