政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

半沢直樹「倍返し」の人気!!

2013年9月19日 08:20

 先週の金曜日、都内港区にある赤坂サカスのTBSストア前。午前11時の開店前から、次々と人が並び始め、またたく間に200人に。

 お目当ては、人気ドラマ半沢直樹にちなんだ“倍返し饅頭”。ドラマの視聴率が上がるにつれ、並ぶ人の数も増えたという。

 この日用意された400個の“倍返し饅頭”も午前中には完売。一番乗りで並んだご婦人は、「大阪の知人へのお土産。ともかく話題性」と話していた。

世相映したドラマ
 “倍返し饅頭”は、「半沢直樹」を放送するTBSが、赤坂サカスにある自社のストアなどで販売。黒糖を使った皮の中にはこし餡。表面には「倍返し」がに大きく焼き印されており、インパクト抜群だ。午前11時の開店を待ちきれない人たちが、連日1時間以上前から列を作っている。取材当日のTBSストア前も盛況。海外メディアも取材に訪れていた(写真左)。

サカス前  サカス前 2

 銀行を舞台にした「半沢直樹」は、理不尽な上司や取引先を相手に、主人公半沢直樹があの手この手で挑んでいく物語。窮地に陥った時の主人公の決め台詞『やられたら倍返し』は流行語大賞の呼び声も高い。不屈の闘志で悪玉に土下座させるほどの完全勝利を収める半沢の姿が視聴者の共感を呼び、社会現象になるまでの人気となった。

 アベノミクス、五輪招致と景気のいい話ばかりの昨今だが、一方では「追い出し部屋」だの「ブラック企業」だのといった問題も噴き出している。主人公・半沢の活躍ぶりに我が身をダブらせ、勇気付けられた人も少なくあるまい。ある意味、世相を映し出したドラマだと言えよう。「半沢直樹」は、今週日曜日に最終回を迎える。



【関連記事】
ワンショット
 47年前と変わらぬ雄々しい姿が、そこにあった。太陽の塔。...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲