政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

伊藤鹿児島県知事とNHK経営委員長の蜜月

2013年1月18日 08:55

 昨年12月、NHK経営委員会の委員長である浜田健一郎ANA総合研究所会長が、伊藤祐一郎鹿児島県知事に献金を行なっていたことを明らかにした。前任のNHK経営委員長だった数土文夫氏が、複数の国会議員に献金を行なっていたとの報道を受けてのものだった。
 献金が少額であったことから、“問題はない”との見解を示した浜田氏だったが、高校時代からの関係という伊藤知事との関係は深い。
 政治家と報道関係者との関係には慎重さが求められるが、浜田氏がNHK経営委員会のトップとして相応しい人物だったかどうか、疑わしい部分がある。

知事、国会議員と永田町で飲食
食糧費執行伺(鹿児島県東京事務所) 右は、鹿児島県東京事務所の食糧費の執行伺である。
 平成22年12月に、東京都千代田区永田町の日本料理店で行なわれた「地方行財政に関する意見交換会」には、伊藤知事のほか、当時民主党政調会長代理を務めていた城島光力前財務大臣、そしてANA総研の代表取締役社長だった浜田氏が同席していた。

 浜田氏と伊藤知事の関係は、鹿児島ラ・サール高校時代(昭和41年卒業の同級生)からのもので、城島前財務相も同窓だ。ラ・サールつながりの3人が永田町の料理店で飲食を共にしていたことは不思議ではないが、これが本当に「地方行財政に関する意見交換会」だったのか疑問である。

 問題は、浜田氏がANA総合研究所の代表というだけでなくNHKの経営委員だったことだ。

NHK経営委員会
 経営委員会については、NHKのホームページに次のように説明されている。

《NHKには、経営に関する基本方針、内部統制に関する体制の整備をはじめ、毎年度の予算・事業計画、番組編集の基本計画などを決定し、役員の職務の執行を監督する機関として、経営委員会が設置されています。経営委員会は、放送法により、その設置および権限、組織、委員の任免、運営、議決の方法、議事録の公表義務等が規定されており、公共の福祉に関し公正な判断をすることができる、広い経験と知識を持つ12人の委員で構成されています。委員は、国民の代表である衆・参両議院の同意を得て、内閣総理大臣により任命されます》。

 つまり、経営委員会は、放送法によって定められた、NHKの経営方針をはじめ重要な事項を決議する最高機関なのだ。

 NHK は、平成18年に「新放送ガイドライン」を作成し、同23年に2度目の改定を行ない「NHK放送ガイドライン2011」を公表している。そこには、「自主・自律の堅持」として次のように謳っている。

 《NHK は、公共放送として、憲法で保障された表現の自由のもと、正確で公平・公正な情報や豊かで良質な番組を幅広く提供し、健全な民主主義の発展と文化の向上に寄与する。
 この役割を果たすため、報道機関として不偏不党の立場を守り、番組編集の自由を確保し、何人からも干渉されない。ニュースや番組が、外からの圧力や働きかけによって左右されてはならない。NHK は放送の自主・自律を堅持する。
 全役職員は、放送の自主・自律の堅持が信頼される公共放送の生命線であるとの認識に基づき、すべての業務にあたる。
 日々の取材活動や番組制作はもとより、NHK の予算・事業計画の国会承認を得るなど、放送とは直接関係のない業務にあたっても、この基本的な立場は揺るがない》。

 浜田氏が伊藤知事との意見交換会に参加したのは平成22年12月。しかし、同氏はこの年6月には既にNHKの経営委員に就任しているおり、《不偏不党の立場》を守る義務があったはずだ。県政トップや与党(当時)の幹部と、しかも鹿児島県側の費用負担で、飲食を共にすることが適切だったとは思えない。

蜜月
 鹿児島県の職員は、匿名を条件に次のように話す。
「ANA総研(ANA総合研究所)と本県は、浜田さんが鹿児島出身ということで関係が深いんです。とくに伊藤知事になってからは、県庁内部で浜田さん絡みの案件は優先的に処理されるようになりました。昨年行なわれた中国関連のイベントだったと思いますが、ANA総研が関与してましたね。ANA総研の人間が度々県庁に来てましたもんね。とにかく、知事のお友達が持ち込んできた案件は最重要で扱わなければいけないんです。そうでないと私らの首が飛ぶんですよ」。

 同県薩摩川内市の産業廃棄物最終処分場「エコパークかごしま(仮称)」建設計画では地場ゼネコン「植村組)を優遇し、指宿の粒子線がん治療施設計画では、県内に本社を置く動物虐待企業・新日本科学が設立した「メディポリス医学研究財団」に多大な便宜を供与してきた伊藤知事。処分場計画には100億円、メディポリスにも60億円の税金が投入されてることが分かっている。
 背景にあるのは、知事の個人的な付き合いであり、県政の歪みは顕著だ。

 お友達や特定企業などへの肩入れを優先し、県民の声を踏みにじる知事とNHK経営委員長の蜜月は、今も続いているのだという。そういえば、HUNTERが報じてきた処分場やメディポリス関連の不適切な事案について、NHKが報道したという話を聞いたことがない。



【関連記事】
ワンショット
 47年前と変わらぬ雄々しい姿が、そこにあった。太陽の塔。...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲