政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

熊本で震度7 死者9名 余震続く

2016年4月15日 09:00

緊急地震速報 14日午後9時26分ごろ、熊本地方を震源とする地震が発生。熊本県益城町で震度7強の地震を観測したほか、九州全域から四国にかけて揺れが広がった。午後10時7分には震度6弱、15日午前0時3分には6強の揺れがあるなど100回以上の余震が頻発。15日朝になっても、余震は収まっていない。益城町では、多くの建物が崩壊。これまでに死者9名、950人以上のけがが確認されている。
 国内で震度7が観測されたのは、2011年3月の東日本大震災以来。九州では初めてとなる。

九州初の震度7 余震頻発
 下は、地震発生直後の気象庁の発表。

地震情報

 気象庁によると、一連の地震の震源地は熊本地方。震源の深さは約11キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.5で、本震以来、翌日の午前7時過ぎまでに発表された地震情報は以下の通りとなっている。

地震情報2

 国内で震度7が観測されたのは、2011年の東日本大震災以来。ここ30年では他に1995年の阪神大震災、2004年の新潟県中越沖地震が発生している。九州では2005年の福岡県西方沖地震(最大震度6弱)を上回り、初めての規模の地震となった。

 熊本県警の発表によれば、益城町と熊本市で9名の死亡が確認されている他、950人以上がけが。4万人以上が避難する状況となっている。

 JR九州の九州新幹線は、熊本市内で起きた回送車両の脱線事故の影響で全線運行停止。九州高速道も、南関―えびの間が不通になっている。

 地震の影響は、九州各地でも。福岡県内の広い範囲で震度4、長崎、佐賀、大分、宮崎、鹿児島の各県でも震度2~5を記録している。

 地震発生は夜。震源となった熊本や各地の被害が、拡大する可能性もある。



【関連記事】
ワンショット
 47年前と変わらぬ雄々しい姿が、そこにあった。太陽の塔。...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲