政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
政治

今村復興相発言で見えた全体主義政権の実相
避難者切り捨て 記者を恫喝

2017年4月 7日 08:00

1-今村.png 今村雅弘復興担当大臣が、原発事故に苦しむ自主避難者を切り捨て、追及したフリーランスの記者に「二度と来るな」「うるさい」と言い放った。今月4日の閣議後会見で復興の責任者が見せた醜態は、国や電力会社に苦難を押し付けられた国民を頭から見下すもの。国民軽視で戦前回帰に突き進む、全体主義政権の実相が浮き彫りになった。
(右は、会見で激高する今村氏のテレビ画像)

■原発避難者切り捨て――会見で暴言連発
 今月4日、閣議後の会見で今村復興担当相がキレた。福島第一原発の事故を受けて、自主避難している人たちへの避難用住宅提供打切りについて国の責任をフリーランスの記者に追及された今村氏は、「基本的にはやはり御本人が判断をされること」と自主避難者を切り捨てる発言。帰れない人たちの実情が分かっていないと詰められたところから、次第におかしくなった。以下、お粗末大臣の実像が分かる、記者と今村氏のやり取りである(復興庁の会見録から抜粋)。

 大臣:人のせいになんかしてないじゃないですか。誰がそんなことをしたんですか。御本人が要するにどうするんだということを言っています。
 記者: で、帰れないですよ、実際に。
 大臣:えっ。

 記者:実際に帰れないから、避難生活をしているわけです。
 大臣:帰っている人もいるじゃないですか。

 記者:帰っている人ももちろんいます。ただ、帰れない人もいらっしゃいます。
 大臣:それはね、帰っている人だっていろんな難しい問題を抱えながらも、やっぱり帰ってもらってるんですよ。

 記者:福島県だけではありません。栃木からも群馬からも避難されています。
 大臣:だから、それ……

 記者:千葉からも避難されています。
 大臣:いや、だから……

 記者:それについては、どう考えていらっしゃるのか。
 大臣:それはそれぞれの人が、さっき言ったように判断でやれればいいわけであります。

 記者: 判断ができないんだから、帰れないから避難生活を続けなければいけない。それは国が責任をとるべきじゃないでしょうか。
 大臣:いや、だから、国はそういった方たちに、いろんな形で対応しているじゃないですか。現に帰っている人もいるじゃないですか、こうやっていろんな問題をね……。

 記者:帰れない人はどうなんでしょう。
 大臣:えっ。

 記者:帰れない人はどうするんでしょうか。
 大臣:どうするって、それは本人の責任でしょう。本人の判断でしょう

 記者:自己責任ですか。
 大臣:えっ。

 記者:自己責任だと考え……。
 大臣:それは基本はそうだと思いますよ。

 記者:そうですか。分かりました。国はそういう姿勢なわけですね。責任をとらないと。
 大臣:だって、そういう一応の線引きをして、そしてこういうルールでのっとって今まで進んできたわけだから、そこの経過は分かってもらわなきゃいけない。だから、それはさっきあなたが言われたように、裁判だ何だでもそこのところはやればいいじゃない。またやったじゃないですか。それなりに国の責任もありますねといった。しかし、現実に問題としては、補償の金額だって御存じのとおりの状況でしょう。だから、そこはある程度これらの大災害が起きた後の対応として、国としてはできるだけのことはやったつもりでありますし、まだまだ足りないということがあれば、今言ったように福島県なり一番身近に寄り添う人を中心にして、そして、国が支援をするという仕組みでこれはやっていきます。

 記者:自主避難の人にはお金は出ていません。
 大臣:ちょっと待ってください。あなたはどういう意味でこういう、こうやってやるのか知らないけど、そういうふうにここは論争の場ではありませんから、後で来てください。そんなことを言うんなら。

 記者:責任を持った回答をしてください。
 大臣:責任持ってやってるじゃないですか。何ていう君は無礼なことを言うんだ。ここは公式の場なんだよ。

 記者:そうです。
 大臣:だから、何だ、無責任だって言うんだよ。

 記者:ですから、ちゃんと責任……
 大臣:撤回しなさい。
 記者:撤回しません。
 大臣:しなさい。出ていきなさいもう二度と来ないでください、あなたは。

 記者:避難者を困らせているのはあなただ。
 大臣うるさい!

 記者は、帰りたくても帰れない自主避難者について、国が責任を持って面倒を見るべきだという主張。対して今村氏は、「自己責任だから知らないよ」と突き放した上で、「いやなら裁判やれば」と言っている。原発が国策で進められてきた以上、事故で被害を受けた国民に対し責任を取るのが当然なのに、勝手にやれと言っているのだ。記者の、無責任との批判は間違っていない。国の責任を棚に上げ、追及した記者を逆に無責任呼ばわり。支離滅裂な展開に、唖然とするしかない。あげく、何様のつもりか激高して「出ていけ」「二度と来るな」「うるさい」……。“公式な場”であることを忘れているのは、今村氏の方だろう。被災者支援について「福島県なり一番身近に寄り添う人を中心に」との発言は、“被災者に寄り添う”と言い続けてきた安倍政権の姿勢が、ただのパフォーマンスだった証でもある。

■全体主義内閣の実相露呈
 今村氏は当選7回。選挙区の佐賀2区をはじき出され、九州比例の31位で奇跡的に当選した経歴の持ち主だ。かつてはJR九州の社長候補と言われた御仁らしいが、東北の避難生活者を切って捨て報道関係者を恫喝する態度は、リーダーとしての資質がないことを示している。

 安倍政権の特徴は、国民個人の尊厳より国家を優先せよという全体主義者が多いこと。憲法改正へと突き進む首相の下、教育勅語を信奉する文科相や防衛相同様、どいつもこいつも戦争をするためには国家に身を捧げよという考え方の持ち主だ。閣僚の大半は、国内最大の極右集団「日本会議」の関連組織「日本会議国会議員懇談会」のメンバー。もちろん、今村氏もその一員である。自主避難者のことなど、国民の一部とも思っていないに違いない。



ワンショット
 47年前と変わらぬ雄々しい姿が、そこにあった。太陽の塔。...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲