政治・行政の調査報道サイト|HUNTER(ハンター)

政治行政社会論運営団体
社会

蓮舫大臣のパフォーマンスに嘆きの声

2011年3月18日 11:29

 17日午後、蓮舫行政刷新担当大臣が都内のコンビニを視察する様子がニュースで流れた。この報道を見た国会関係者から嘆きの声が上がる。
 ある国会議員秘書は、「都内を見て回るまでもなく、議員会館地下1階のセブンイレブンにも食品が無くなっている。なぜSPと役人、テレビカメラを引き連れてパフォーマンスをする必要があるのか?出番がないため苦肉の策なのかもしれないが、報じる価値もない」とばっさり切り捨て、「大臣は無駄な視察などせずに、全国から集まってくる物資の『仕分け作業』をしていた方がはるかに役に立つ」と話す。
 
 たしかに、震災を受けて蓮舫氏が新たに任命されたのは、"節電啓発担当大臣"であり、コンビニ視察に意味があるとは思えない。
 菅政権の無策を象徴する仕事ぶりである。



【関連記事】
ワンショット
 47年前と変わらぬ雄々しい姿が、そこにあった。太陽の塔。...
過去のワンショットはこちら▼
記事へのご意見はこちら
記事へのご意見はこちら
調査報道サイト ハンター
ページの一番上に戻る▲